気が付いたら7月も終盤、一年の残りの方が少なくなっている。

去年の今頃は、「こんなに暑い中ほんとにオリンピックなんてできるんかね~??」なんてのんきに笑いながら話し、刺すような日差しにクラクラしながら歩き回っていたものだけれども、そんな当たり前の世界はこの半年ですっかり変わってしまった。

受験が終わった二女は大学生となったけれども、入学式、サークルの勧誘、新しい区間の定期券・・・普通にある予定だったものが全てなくなり、リモートで受ける授業とレポートに追われる日々を送っている。長女も同じく。マラソンサークルの活動も全て止まり、行く予定だった野外フェスのチケットの払い戻しを行う等、好きなライブにも行けず悶々と過ごしているうちに前期試験。テレビでは若者がウイルスを媒介する悪者のようにいわれているけれど、私の知っている娘周囲の若者たちは、静かにこの時が過ぎるのをこらえて過ごしている人ばかりだ。

夫と私は何も変わらない。私たちは中間管理職で、他の人がリモート勤務でも管理係として毎日出勤。普通に起きて、お弁当作って、仕事行って、帰って、寝る。ただ、家族で過ごす時間が多くなり、以前よりも精神的に豊かになったような気がする。

そんな中、娘たちと久しぶりの映画館。広い映画館に私たち親子3人だけだった。「ストーリー・オブ・マイライフ」私が子供の頃胸をときめかせながら繰り返し読んだ小学館若草物語の挿絵がリアル映像でよみがえっていることに興奮。娘たちは、この映画のお母さんと娘たちのやりとりが我が家のやり取りと似てるね~と。ほんと。

劇中現在と過去の回想シーンが行ったり来たりするのだけれど、私たちもしばらく時間が過ぎれば、こんなコロナ禍を過ごした日々を懐かしく回想したりするものかしら。

 

 

 

 


映画『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』本編映像

 

 

 

サブスクで音楽を聴くようになって、新しい発見が。久々に私の脳天をぶち抜く、痺れた音楽。

娘に話したら、既に2月のライブのチケットを入手しておられた。血は争えないな~


芸術と治療 // Urakami Souki


未熟な夜想 (Lyrics Video) // Urakami Souki

f:id:chihiryou:20161222065839j:plain


気が付いたら年の瀬になっていた。今年はいつまでも暖かかったし、受験生の娘がいるので、いつまでも冬なんか来なければいいのに・・・なんて母娘で現実逃避していたけれど、そうもいかず季節はいきなり冬になった。気が付けばセンター試験まであと1か月。大学入試についての話題は毎日世の中に溢れているけれど、来年の受験生や来年も受験生となる可能性のある当人たちにはおかまいなしの議論が繰り広げられている。不安だけを駆り立てる。お陰で今年の受験生である娘たちの学年は、安全志向。手堅く推薦入試で決まった子も多いようで、まだ何も決まっておらず、模試の合否判定結果が芳しくない娘も私もかなりナーバスになっている今日この頃。

最近の私は黙々とジョギングにいそしんでいる。ジョギングアプリとSpotifyのお陰で今の私のジョギング生活は相当充実したものになっている。用事のない週末に20~30㎞、月にトータルで50~60㎞くらい走るのだけど、セレクトしてくれる好みの音楽をシャッフルしながら、乾いた冷たい空気の中を黙々と走るのは気持ちいい。娘の受験が終わったら、フルマラソンにエントリーしよう。

最近はまっていること1つ目はkirinjiの新譜。 

cherish(通常盤)

cherish(通常盤)

  • アーティスト:KIRINJI
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2019/11/20
  • メディア: CD
 

 やっぱり、堀込高樹氏は凄い。私にずっと刺激を与えてくれるというか、社会人、職業人としてどう進化していくべきか課題を与えてくれる人。

「あの娘は誰?」とか言わせたい の歌詞の世界観がすごい。彼は女という生き物をどういうふうに理解してこんな歌詞書くんだろう。「メスとコスメ」の時の女の欲深さや嫉妬深さ、「千年紀末に降る雪は」の時の弱者といわれるような人が社会を冷めた目で傍観している感じ。今までの作品の随所とリンクしているようで、ほんとうにおもしろい。また、彼はラ行と拗音の発音が独特というか、すごくセクシーで(それはこれまでファンの間でも周知の事実かもしれないけれど)、そこをわかっていて言葉をセレクトしてる、言葉遊びしている感じで、本当に素敵。他の曲にもそれは一様に感じられて、グルーブ感のあるチガさんのベースとゆみきちゃんのカッティングが冴えるギター音の隙間に、ぐにゃ、ピタッとはまる感じで、聴いていて気持ちいい。めっちゃかっこいい。

最近は待っていること2つ目は、朝の連続テレビ小説「スカーレット」

子ども時代からのひとつひとつのエピソードが、何一つ無駄なく主人公を作り出すパーツになっていて、すごいなと思う。脚本の力って偉大だな。「いだてん」もそうだったけれど、脚本ってこんなに大きなパズルのピースピースをつなぎ合わせるみたいに作り出していくものなんだと感心。そして、そうやってつなげたパズルに色を付けたり、生身の血の通った人物に仕立てる役者さんも、すごい。朝から泣きながら見てる。「カーネーション」以来のはまりよう。

そんなこんなで年の瀬、今年もこうして暮れていく・・・

日記ページを開く機会もめっきり減ってしまった。新しい日記のページに慣れないのと、仕事で文章を書くことがとても増えて、日々の生活で文章を書く気力がなくなってしまったせいかな・・・

最近休日は、少し家から遠い映画館の会員になったので、ジョギングがてら観に行くのが日課になっている。

・愛がなんだ

・新聞記者

・凪待ち

・ビューティフル・ボーイ

・ある精肉店のはなし

・主戦場

・クローゼットに閉じ込められた僕の奇想天外な旅

・ジョーカー

観た映画の題目を書き出すと、結構ダークなラインナップ。途中天気のいいときは、三条大橋の日陰でおにぎりなんか頬張り川面を眺めてぼんやりする。近くからはジャズセッションの音が聞こえたり、観光客たちの楽しそうなおしゃべりが聞こえてきて、多幸感につつまれる。毎日いろいろ大変なことはあるけど、前に向いたベクトルの方向を見ることだけ、シンプルに考えて進むことだけ考える。

仕事もいろいろと踏ん張りどころ。家も下の娘がいよいよ大学受験期に突入するけれど、どちらもよい春が迎えられるといいな。そう信じて毎朝私は家族4人分の弁当をせっせと作る。

 

明日はクリスマスイブ。あっという間の年の瀬。しかしまだあと一週間の間に終わらせないといけない仕事が山ほどあるので、心が焦ってるのが自分でもわかる。
12月の初めはとにかくブルーだった。8月くらいからkirinji→カンサノさん経由で知った中村佳穂ちゃんの磔磔ライブに仕事で行けなかったからだ。こんなことがあると、何のために毎日仕事頑張ってるのか、わからなくなるよ〜。まあ、お仕事なのでしょうがないですが。
「AINOU」は、学校帰りに娘がタワレコで試聴して気に入り、たまたま初バイト代が入ったとのことで、買ってきてくれた。聴いたときに電気が体に走ったのだそう。血は争えないな〜わかるよ、その感覚…
今はCD聴けば聴くほど、ライブ会場にいられなかった事実に打ちひしがれる私なのです。次のワンマンは絶対行くぞ〜

前の日記から随分と日が開いてしまった。5月以降私は何をしていたのだろう、思い出せる範囲で書いてみる。

5月
六甲山に娘と一緒に出掛ける。音楽好きの大学生になった娘が、無料ライブが六甲山であって、とにかくすごいギターの女の子が来るからお母さん行こう!というので。
六甲山は初めて行く場所でとても爽やかで素敵な場所だったのだけれど、娘が言う「とにかくすごいギターの女の子」Reiちゃんがすごかったことを覚えている。小さな体でギターかき鳴らすその姿に娘と二人でノックアウトされた六甲山のイベント。
その日以降、娘は私の押し入れにしまったままになっていたギターを出してきて、寝ても覚めても練習している。秋になる今となっては、ずいぶん腕を上げていることがドア越しでもわかる。

FLY (CD+DVD)

FLY (CD+DVD)

6月
ひたすらランニングしていた月。キリンジが解散した時のアルバム「Ten」を、発売されてからほとんど聴かず寝かせて?おいたのだけれど(何故自分でそんな選択をしたのかは不明)、ランニングの時にふと思い出して聴いて、懐かしいキリンジワールドに震えながら走る。これぞKIRINJIではなくキリンジの真骨頂と、それからはひたすら「Ten」を聴きながらせっせとランニング。
「きもだめし」のイントロが始まってその幸せな世界の広がっていく感じにワクワク、ほっこりして、そしてその幸せな世界はいつまでも広がっていける世の中だろうとかと不安がよぎったり、でもうららかな春の午後の風景は子ども時代を思い出して懐かしくもあるようでいて。アルバムの中の曲はどの曲も今の私に寄り添うように優しくて、ストイックに短時間で脚の筋肉を増強しようとハードなコースを選択してランニングしているのだけれど、兄弟の曲の優しさとトレーニングのハードさのギャップに自分でおかしくなる。私変なひとだ。

Ten(初回盤)

Ten(初回盤)

7月
大学時代の友人が学会で京都に来るというので18年ぶりに会いに行く。彼女は同級生だけれど2つお姉さん。人目をひくようなものすごい美人で、時々精神的に不安定な人な人だったのだけど、ほんの2か月前に急に思い出したように贈り物が届き、急に連絡を取り合うようになり再会に至ったのだった。彼女はあの頃と少しも変わらない美人で、二人で木屋町のひなびた焼き鳥屋で日本酒をぐびぐびと飲み、まるで25年前の学生時代のことを昨日のことのように語り合った。そして、音信が途絶えていた18年間を埋めるように話した。彼女は独り身で、私の娘が私と彼女が出会った歳と変わらない歳になっていることがピンとこないと言う。それもそう、生まれたての娘の出産のお祝いに駆けつけてくれたのが最後なのだから。話し込んで終電も間に合わず、二人で手をつないで三条通りを歩く。いい夜だった。

8月
屋久島に20年ぶりの旅行。
私と夫は20年前の5月に結婚して、8月の初めての休暇で屋久島に出かけたのだけれど、今年は娘たちと家族4人で行きたいと思っていた。台風、緊急の仕事等で最悪行けなくなることも想定して、必要最小限の予約だけしていたのだが、幸運にも4人で無事2泊3日の旅ができた。20年前は根元でおにぎり弁当を食べた縄文杉も今や遠巻きにしか見れなくなっていたけれど、4人で山に登れたことに感無量。20年ってあっという間のようでいて、くたびれる毎日をなだめすかしながら大量に重ねてきたようでいて。これから先の私たち家族4人の20年はどうなるだろうとか考えると、少し怖くなってしまった。
屋久島から帰ってきて、次の週には仕事の関係で倉敷市へ。1週間のホテル暮らし。被災者、支援者、全国から集まっている立場の違ういろんな人と沢山話をした。私はこれまで倉敷市に行ったこともなければ、被災した町のことも何も知らなかった。それは彼らが私が生まれた町のことを知らないのと同じように。でも、各々の土地にはそこに代々生まれてきた人がいて、その土地に根付いた生活があって、風景があって。一晩のうちに一変した町でもその人たちはそこに住み続けたいのだった。私が倉敷を訪ねた時期は被災者の人々が何かしらあきらめる決断をせまられている時期で、心身の不調なども出てきている様子だった。ただ、私はそういった人の身体の不調を夜な夜な聞くことしかできないのだった。

9月
出向している部下と飲んでばっかり(私が。彼は飲めない)の1か月だった。出向先の職場での彼はイヤイヤいいながらも仕事なのでとかく頑張っていて、出向先の上司からは「とにかく優秀」とか「とにかく仕事ができる」とかお褒めのお言葉をいただくのだけれど、イコールそれだけ彼にプレッシャーやストレスがかかっている状況で、そのはけ口として夜な夜な私に長文のメッセージが送られてくるのだった。私が聞いたところで出向先から逃れられるわけではないので、「気分転換にスペシャルなごはん行こう」などとなだめすかして出かけるのだけれど、結局彼のしんどい話を聞くことがしのびなくなってきて、たわいもない話を始めて、お酒がすすみ、そのうち下戸の彼に持論を繰り広げるなど、最悪のパターンを繰り返す有様。それでも、また行きましょう、また行きましょうと言ってくれるかわいい部下に愛想つかされないようにしないとと心配になる軽い二日酔いの朝。

10月
組織の再編成があって、部下が増えた。増えた部下にもくまなく愛情を注がないといけないので、管理する仕事も増えるし、結構不安でいっぱいだ。私は元来直球人間なので駆け引きのできない人間だけれど、上司だろうが部下だろうが、また第三者への見せ方にせよ、駆け引きまでにはいかないけれど、最近は少しは後先考えて調整しながら、様子見ながら仕事をやるようになった。そうしないと自分の身が持たないことをやっと覚えたようだ。でも、嘘はつけないので苦労している。7人の部下(年上の女性、体の大きな年下の男たち…)にせっせせっせと愛情を注がねばならない。事情ありの年度途中の組織編成なので、上司から間違いは許されないからな、組織が倒れないようにうまくやれよとのお言葉。そんなにプレッシャーかけるなよ〜と心の中で突っ込みながら、いかに短い時間で集中して仕事をまわすかばかり考えている。こんなときにまたまた「Ten」の「黄金の舟」ばかりリピートして聴いている。心に刺さった棘は溶けて消していかないと身が持たない。

風呂はいいね 裸だから
白い泡と白い湯気と
棘ささってても とけて消えていくよ
みんなそう、ただのヒトだよ

西陽に染まれ 湯舟は黄金色

ゴールデンウィークが終わって一週間が過ぎた。4月からの怒涛のような毎日は少しひと段落。純粋な心の洗濯。よい休日だった〜。
前半は夫と自宅の裏山から山歩きで都を目指すこと2時間。二人でお気に入りのあんこやさんのあんみつを食べて電車で帰る約半日の旅。私たちはいつもそうだなのだけれど、会話を楽しむというよりも、黙々と歩くことだけに集中する。
あんこやさんの喫茶室では娘たちとはそんなに歳の頃の変わらないカップルのおしゃべりが筒抜けで、夫とその会話の内容に聞き入ってしまう。賢そうなしっかりした女の子が、美味しいあんみつを食べる時にですら男の子の気持ちを測るための駆け引きトークを髄所にちりばめていたので感心した。すごいね〜私人生経験彼女より多いかもしれないけれど、あんな駆け引き能力到底かなわないな、といって夫にたいそう納得される。
 
後半は夫の誕生日ということでリクエストに応えるべく2人でサイクリング。北湖の周り100キロほどをクロスバイクで駆け抜ける。時速20〜25キロで黙々とペダルをこぐことと、ただただ頬にあたる風、景色を楽しむだけ。最後は付近の港から船で出発点に帰る。次は湖一周したい。
 
夫は47歳になった。私も来月には46歳になる。子どもたちも成長して、これからはまた2人で過ごす時間が多くなってくるのだろう。駆け引きも何もないゆるーとした会話を楽しみながら、これからも美味しいビールを飲みながら歳とっていけたらいいな。